So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

普天間移設で国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」(産経新聞)

 国民新党の下地幹郎国対委員長は1日の衆院予算委員会の質疑で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「鳩山由紀夫首相が5月末までに判断をせず、先延ばしすることがあれば、沖縄県選出の国会議員として6月1日には衆院議員を辞める」と述べた。

 首相は別の質問者の「職をかけるか」との質問に「西郷隆盛の遺訓『命もいらず、名もいらず』の通りの覚悟をもって臨む」とする一方、「政治家である以上みんなが同じ覚悟をもって臨まなければならない」とも語った。

【関連記事】
普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈
普天間移設先月内取りまとめ 官房長官「防衛相と合意していない」
小沢氏ねだる? オバマ米大統領との面会、実現可能性は
阿部氏「仁義なさ過ぎる」と福島党首糾弾
普天間で首相「覚悟読み取って」 5月末の理由を説明
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<インフル>患者初の10万人割れ 1週間推計(毎日新聞)
<強盗>「すき家」2店被害、栃木90万円、埼玉は69万円(毎日新聞)
<都立広尾病院>USBメモリー紛失 患者138人分(毎日新聞)
スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に−愛知(時事通信)
アパート火災で幼児2人が心肺停止 宮城・名取市(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。